排水管の水漏れに関する知識を身につける

排水管の水漏れに関する知識を身につける 排水管の水漏れの原因の多くは汚れや継ぎ目の緩み、老朽化などがほとんどです。生活排水によって汚れは付着しますし、地震の振動や急激な気温の変化などによって老朽化はすすみます。髪の毛が詰まって水の流れが悪くなり、継ぎ目から水漏れが発生するケースもありますが、水漏れの箇所によっては大規模な工事を要する場合もありますので注意が必要です。日頃から水道 修理が必要になった時のために対処法を身につけておくことをおすすめします。

■排水管と給水管の違いを知る

排水管はトイレやお風呂、キッチンの汚水を流す役割を果たします。使用した水を排出するためのもので、常に水が入っているわけではありません。また、給水管は水道の蛇口に接続されています。排水管とは異なり使用する前の水が通っていて高圧な状態が保たれています。一般家庭では樹脂製のタイプが使用されていることが多く、詰まることはほとんどないものの、破損や破裂の際は大量に水漏れしますので注意が必要です。大参事になりかねませんので、そうならないためにも日頃から予防策を講じておくことが大切です。
排水管は脂分や食材のカスが溜まることによって損傷のリスクが高まります。詰まりを予防するためにもキッチンを使用する際、なるべく食材のカスを出さないようにすることを心がけて、ディスポーザーを使用している場合は定期的にメンテナンスを行いましょう。
さらに日頃から給水管に負担がかからないように心がけることも重要です。給水管の内部メンテナンスは難しいため日頃から劣化しないように積極的に掃除を行ったり、気温による損傷を予防するためにも小まめに換気を行うようにしましょう。

■水漏れ専用テープで応急処置をする
聞き慣れない名前の水漏れテープですが、水漏れが発生した場合にあると便利です。水漏れはいつどこで発生するか検討もつかないものですが、見える場所で発生している場合はひとまず専用テープで応急処置をしましょう。この専用テープには、自己癒着テープや防水補修テープ、シートタイプや水道用ラップテープなどがあります。
自己癒着テープはのりを使用しておらず、テープを引っ張ってつけることでテープの素材そのものが自己癒着することによってつくタイプです。防水補修テープは防水になっていて伸びが良いので細かい部分でも簡単に使用することが可能です。シートタイプは貼るだけなので使いやすいですし、水道用ラップテープはベタつきがないため剥がした後もきれいなのでおすすめです。これらをあらかじめ用意しておくことによっていざという時に役立ちますので、取り入れてみましょう。

■専門業者に依頼し、管理会社や管理組合に連絡をする

水を使っていないのに水道メーターが回っている場合は給水管からの水漏れで、回っていない場合は排水管のトラブルだと考えられます。排水管は壁の中や床下に設置されていることが多く、自分で修理を行うのは難しい場合もあります。一時的な応急処置はともかく自己判断は被害の拡大に繋がりかねませんので、専門の業者に依頼しましょう。
なお排水管からの水漏れは状況によっては大掛かりな工事を要するケースもあるので、管理会社や管理組合への連絡は必須です。信頼のおける業者を見つけて納得のいく見積もりを出してもらいましょう。

■まとめ
マンションやアパートなどで階下まで被害が及んだ場合などは、その被害を補償しなくてはなりません。場合によっては慰謝料や損害賠償といった事態になりかねませんので日頃から気をつけておきましょう。生活に大きく関わる水に関するトラブルは、根本から解決する必要があります。水道 修理に関して自分での判断が難しい場合は、専門の業者に早めに相談するように心がけましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース